スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏にもいろいろ個性があるんです。

今回も、カサボンのブログにお越しいただきありがとうございます。

この記事は先日から配布しているフライヤーに記載した
「続きはwebで」に対応していますが、
フライヤーを持っていらっしゃらない方にも判る話ですのでご安心を。

今回はグリーンカーテンのように、
やってみると涼しくなるとか全然関係ありません。
ただ、ただ「へぇー」と言っていただければ十分という話。
それでも知っていると、少しだけ気が楽になるかもしれません。
午後のお茶のお供にでもどうぞ。


夏とくれば毎年のように「去年の夏は暑かったね」
とか「いやぁ、今年は暑いね」と言っていませんか? 

結局、挨拶のように「暑かった」という言葉が使われたりして、
いつしか私達の記憶も「ただただ暑かった」となってしまいます。

じゃあ、夏はみんな同じように暑いのか?

それを比べてみたのが今回のお話し。
ビジュアル化してみると、これがまたどうして。
「けっこう違うじゃない」というのが結果です。
それじゃ、ひとつずつ見てみましょうか。
2010.jpg
この図は何を表しているのか? 
それは、夏の間の最高気温と最低気温の変化です。
ほら、毎年のように図の形が違います。
これだけで暑さに個性があることがわかるでしょ。

例えば上の2010年は、ここ数年で一番暑さが辛い夏。
最高気温が高いだけでなく、最低気温も高いという点に注目です。
2011.jpg
一転して2011年。
この年は、2週間おきに暑くなったり、涼しくなったり。
中休みのある比較的すごしやすい暑さでした。
ただ、この年も最高気温と最低気温の差が小さいという点は前年と同様です。
つまり「暑いときは、24時間、本当に暑い」ということで、
「暑かったなぁ。」という記憶が残ったかもしれません。
2013.jpg
一年とばして去年の夏。
最近のことですから、みなさんの記憶も鮮明でしょう。
「いやー暑かった!」、、、じつはそういうわけでもなさそうです。
ごく短期間でいえば、比べた中で一番暑い夏でした。
でも全体的には、2010年程ではありません。
しかも、温度差が大きいことに注目してください。
「夜になるとけっこう涼しかった」ということです。
2012.jpg
フライヤーにはつけなかった2012年。
見た目がゴチャゴチャとなるので、フライヤーにはつけませんでした。
この年は温度差が大きいのですが、中休みもなく、
最低気温が9月になってもなかなか下がらずという
ダラダラと暑い夏でした。


どうです?暑さにこんなにも違いがあると思ってましたか?
「へぇー。」と言いいました?

さて、今年はどんな夏になるのでしょう。
個人的には2011年みたいになるといいのですが。

梅雨明けも間近です。
今年も夏にやられないように、みなさんも用心してくださいね。

いつだって、夏は暑いですから。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。